Sustenpass 2259m 2006年再訪編 その2

Gadmen村を過ぎると本格的に上りはじめます。
九十九折れとトンネルの連続する道の始まりです。


b0351506_19523078.jpg



ヘアピンコーナーをいくつもこなし高度を上げていきます。


b0351506_19444928.jpg


上るにつれこれまで走ってきた谷間が眼下に広がります。



b0351506_19524486.jpg



素掘りのトンネルが連続します。あまり他のスイスの峠にない風景です。
この峠が比較的歴史の浅い峠だからかもしれません。



b0351506_07313403.jpg




雪解け水が滝になってトンネルの上を流れていきます。
ダイナミックな眺めに圧倒されます。
1998年に走った時にはなかったはずなので初夏限定の貴重な光景かもしれません。


b0351506_07073960.jpg


少し近づいてみます。
ちょうど車がトンネルの中にいるので滝の大きさがよく分かります。



b0351506_21111439.jpg



今度はトンネルを抜けて振り返り。標高は2000mを超えました。


b0351506_21115510.jpg




シュタイン氷河へアクセスする駐車場を過ぎさらに上り詰めると徐々に氷河が姿を見せ始めました。
斜面にはアルペンローゼが赤い花を咲かせて風景に彩りを添えています。



b0351506_07430568.jpg



高度を上げるにつれ氷河の先端のハート形の湖も見えてきました。



b0351506_21122469.jpg



氷河周辺の全景です。
この眺めこそスーステン峠のハイライトといえるでしょう。
晴れた日にここを走れたことに感謝です。



b0351506_10295930.jpg


午後3時、スーステン峠に到着です。
上りはじめて6時間が経過。遅すぎ?
いやいやこの素晴らしい景色の中をを急いで頑張って上るなんてのは野暮でしょう。


b0351506_10284364.jpg



峠が開通するのは夏の短い期間だけです。
7月初めのこの時期でも峠には除雪された雪の山がありました。



b0351506_10301697.jpg



この日は日曜日だったのでオートバイの数も半端じゃありません。
自転車大国ヨーロッパといえどもモーターサイクルと出会う方が圧倒的に多いです。
ですがサイクリストの数も日本の比ではありません。
アルプスでサイクリストと出会わない日はありませんでした。


b0351506_10290259.jpg



峠のトンネルを抜けて向こう側へ。
今日は下りません。眺めるだけです。



b0351506_10303777.jpg



さて、帰りは来た道を下りましょうか。

おわり

2011/02/09初出

2018/03/21編集

走行日2006年7月2日








トラックバックURL : https://akuniphoto.exblog.jp/tb/28202693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akunisad | 2018-03-21 10:54 | Swiss | Trackback | Comments(0)