新見~高梁、岡山探訪サイクリング その3

b0351506_07425689.jpg




下って県道50号北房井倉哲西線に合流。
やっと荒戸山の全容を見る事が出来ました。
地元では鍋山とか阿哲富士とも呼ばれているそうです。納得の山容です。




b0351506_07432353.jpg



緩やかな上り勾配の県道50を快走。
この風景の広さは中国山地特有ものかもしれません。
二車線の広い道のわきにガードレールもなく水田が広がっている。。
案外他の地方では見ない光景なのでは?




b0351506_07440719.jpg





ほどんど上ってはいないのですが鞍部からは遠くの山並みが見渡せました。






b0351506_07441990.jpg




先ほどの鞍部から事前の調査でショートカット出来る道があるのを確認していました。
が、その道は未舗装でした。32Cのタイヤを履いたツーリング車なので躊躇なく侵入。




b0351506_07443242.jpg




しっかりと轍はありましたが通る人は無いようで下草がかなりの勢いで茂ってきていました。
下り基調なのでなんとか走り切ることが出来ました。




b0351506_07444433.jpg




県道409号大野部哲多線へ。大型車通行止の県道ならぬ険道のようです。




b0351506_07445576.jpg




新緑と青空、そして峠へと続く狭隘路。ツーリングの醍醐味が詰まっています。
出来るだけのんびりと。。。



b0351506_07450457.jpg





森に入ると九十九折れが続きます。ここでも10㎜の超広角が活躍します。
見た目の画角に近いんですよね。




b0351506_07451515.jpg




青木峠に到着。標高は570m、とうげではなくだわと読みます。岡山では多い呼び名です。
古い石垣の残る切通しの峠です。
地形図の表記でも分かるのですが峠のすぐ先で地形は開け水田がありました。
峠直下まで人の生活圏があるというのも中国山地ならではかもしれません。





b0351506_22241423.jpg




11キロで標高差300mを下っていきます。2車線の単調な道が続きます。
吹屋に行きたかったのでこのルート選択になったのですがもし次回があれば
備中湖の方へ分け入っても良いかもしれません。
14時50分、矢戸で右折。ここで小休止、アンパンと缶コーヒーを食します。
ここまで45キロ。食事できるような場所は全くなかったです。




b0351506_22242533.jpg





b0351506_22243545.jpg






走行ルートを考えていた時に見つけた無明谷という地名。
県道で国道180号の井倉へ抜ける道なのですがその入り口がめちゃくちゃ狭い谷底にあります。
吹屋の後に向かう羽山峡の比ではありません。
早速検索。魅力的な画像がたくさん!でも残念ながら通行止めでした。
現地でも確認。徒歩でも入れません。よほど危険な状況なのでしょう。
現地の記念碑によると道が出来た当初は川と車道が兼用だったとか!
もう少し早くこの道の事を知っていればなあ。。





b0351506_22244554.jpg








b0351506_22245562.jpg




3時半に吹屋ふるさと村に到着。高梁ヒルクライム本番、試走以外でここに来るのは初めてかな?
食事をする時間帯でもないので自転車ををしながら歩いて写真を撮りつつ通過。



b0351506_07490725.jpg






県道85を下り県道300宇治下原線へ。
羽山峡の入り口に到着。このオーバーハングは他ではなかなか見られないですよ。





b0351506_07492040.jpg





古い橋からその岩壁の全容を見ることが出来ます。
さっきはあの岩陰にいたんです。




b0351506_07493134.jpg





その先のトンネルも圧巻です。
なんというワイルドさ!
岩の隙間を道が通っています。
この辺りはロッククライミングで有名な場所でもあります。




b0351506_07494212.jpg




逆から見るとこんな感じです。
ここからは下り基調で成羽まで。
路面は荒れているのでロードバイクで走る場合は要注意です。
成羽からの国道313号は高梁が近づくと車が増えてきます。



b0351506_07495426.jpg




5時過ぎに備中高梁駅に到着。新しくなった駅で輪行するのは今回が初めてです。
エレベーターが付いたので楽になりました。
おしゃれなカフェがありましたが向かいの食堂で食事をして普通列車で帰りました。

おわり




トラックバックURL : https://akuniphoto.exblog.jp/tb/28352026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akunisad | 2018-06-06 08:02 | サイクリング岡山/Okayama | Trackback | Comments(0)