夏の終わりのソロキャンプ旅。その3、韮ヶ峠

2日目の朝。
この日は現地で予定を変更して韮ヶ峠から大野ヶ原を経て宿泊予定地の姫鶴平へ向かうことにしました。
朝8時に出発。旧道で梼原の町へ下ります。


b0351506_16594767.jpg



化粧坂の茶堂。
梼原の中心部へ下る手前にある古い建物。茶堂と呼ばれています。
江戸時代の初期に建てられ旅人をもてなしていた建物だそうです。
この先の道中でもいくつか見ることが出来ました。
これから行く韮ヶ峠は坂本竜馬が脱藩した峠としても知られています。




b0351506_18083810.jpg




朝8時半開店とほぼ同時に梼原唯一のスーパーへ。今日の昼、夜。明日の朝、昼と4食分を買い込みます。
姫鶴平には姫鶴荘がありますが食料が手に入るとは限りません。
そして明日も含めてこの先商店はほとんどないためここでしっかり買っておく必要があります。
そう考えるとこの地域を走るにはサイドバックは必要なのかなと思います。
写真を見て気が付きました。梼原の町には電線がないのですね。
なんかすっきりした町だなと感じたのはこれだったのですね。



b0351506_19500059.jpg


維新の門、8志士の群像を見学して出発です。



b0351506_20061225.jpg




維新トンネル、藤の越トンネルと2つのトンネルでショートカット。
県道2号城川梼原線へ。




b0351506_20473358.jpg




四万川川に沿って走ります。
四万十川?と思ったけど違いました。でも支流ではあるのかな?
沈下橋を発見!地形図には記載がありませんでした。




b0351506_07294852.jpg




県道304上郷梼原線との分岐、六丁の集落を通過。
ガソリンスタンドや郵便局もあるこの日走ったルートでは大きな集落でした。





b0351506_07302296.jpg




県道379韮ヶ峠文丸線(梼原街道)の分岐に到着。ここは右折です。




b0351506_07302660.jpg



県道379に入ってすぐにこの標識が目に飛び込んできました。
通行止め!?確かに今朝決めたルートなので情報収取はしていません。しかも迂回路なし。。。
まずスマホで最新の地形図を確認します。
この規制看板にはすぐ先の坪野田地区より500m地内とあります。なら川向こうの実線の道が通れるのではと考えました。
と、そこへ現場関係者らしき人が軽トラで下ってきて停まりました。「お困りですか?」と。
そして予想していた通り舗装はされていないけど橋を渡って対岸の林道で現場は迂回できるとの事。
未舗装は問題ないです。
現場の人のお墨付きをもらったので安心して進むことにしました。




b0351506_07303092.jpg




坪野田地区の入り口にあった空き地。キャンプに良さそう。
もう地形図にも載ってませんが小学校跡でしょうね。
こんな奥の集落にも学校があったんだなあ。。



b0351506_07303411.jpg




この先が通行止めのようです。
ここを左折します。





b0351506_07303893.jpg




橋を渡って右へ。すぐに未舗装になりました。





b0351506_07063531.jpg




思いがけない未舗装林道に心躍ります。
通行止めがなければまず走ることはない道です。



b0351506_07064086.jpg





軽トラと消防車とすれ違いました。
勾配のきつい区間は押し上げます。




b0351506_07064479.jpg





未舗装区間は約1.5キロでした。下っていくと正面に下井桑の集落が見えてきました。
橋を渡り上り返すと県道に再び合流します。





b0351506_07064729.jpg




こんな看板が立っていました。
一般的な自家用車の旅行者の目にこの看板が触れることはないでしょう。
なぜなら県道上のもっと手前に通行止めの標識があるからです。
これを見て喜ぶのは裏道、脇道、林道を好んで走るライダーさんやサイクリストのごく一部かと思われます。





b0351506_07362365.jpg




味わい深い手書きの標識がありました。ここは橋を渡って右です。
ここから峠までは約4キロ、標高差は300m、平均勾配は7.5%となかなかハードです。




b0351506_07364309.jpg




高階野の田園風景の中を進みます。稲穂が黄金色に輝いています。
四国をこの時季に訪れると地域によって稲刈り前だったり後だったりまだ緑色だったりと様々です。
この写真は左端の錆びたトタンで覆われた芋虫状の物体が気になって撮ったのですがなんでしょうね?






b0351506_07365110.jpg



サイドバックを装着した重たい自転車を1:1を切る軽いギア比で
持続可能なゆっくりとしたペースで上っている時のパワー値が気になっていて
この春からパイオニアのSGY-PM910ZLをパワーセンサーとして使っています。
この4キロ、7.5%の上りのデータがこちらです。




b0351506_08355263.jpg



平均パワー126.1W、NP144.7W、平均速度5.0km/h、平均ケイデンス59.5rpm、消費エネルギー349.1kj
パワー値は止まっている時間も含めています。速度とケイデンスは含めていません。
NP144.7Wは私のFTP240Wに対して約60%です。これはL2(エンデュランス)という強度で一般的にはロングライドなどで長時間維持できる強度です。なるほどね。
感覚(体感)的に実はもっときつい強度で漕いでいるのかと思っていました。
でも数値で見て納得です。この位の強度でないと走り続けられませんものね。
しかし時速5キロは遅いなー。。。




b0351506_07365544.jpg





正午前、県境である韮ヶ峠に到着しました。標高は950mです。
広場に水洗、洋式のきれいなトイレが整備されていました。





b0351506_07365952.jpg



今は県境ですが当時は藩境?ここは坂本竜馬が脱藩した峠です。
張りぼてですが立派?な像が立っていました。
本来の峠道(旧道)も脱藩の道トレイルとして注目されいます。



その4、大野ヶ原~姫鶴平へ続く。



















トラックバックURL : https://akuniphoto.exblog.jp/tb/28656786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akunisad | 2018-09-14 08:55 | サイクリング四国/Shikoku | Trackback | Comments(0)