夏の終わりのソロキャンプ旅。その5、姫鶴平~天狗高原

3日目の朝。
起きたのは4時半位だったでしょうか。まだ真っ暗です。
姫鶴平は星空でも有名なところです。テントから抜け出して外へ。
明るい月が出ていたので満天の星とまではいきませんがそれでも美しい。
そして快晴。。トイレを借りに姫鶴荘まで歩くと下界は雲の中。雲海が広がっていました。
ふと思い立って普段全くやらない夜景撮影にチャレンジ。そう思わせるロケーションのキャンプ場なのです。
今回三脚は持っていないので炊事棟や道路の柵にカメラを置いてセルフタイマーで撮ってみました。



b0351506_07541914.jpg

露光時間30秒。肉眼ではほぼ真っ暗なんですがちゃんと写ってる!星も見えますね。





b0351506_07542809.jpg

4時55分。空が白み始めます。雲海がわかるかなあ。




b0351506_07543839.jpg

この頃は快晴の朝焼けがどんな風になるのか期待が高まる一方でした。





b0351506_07544712.jpg

午前5時を回り肉眼でも朝焼けが見え始めたのですが無情にも下界から雲が湧きあっという間に辺りは真っ白に。。。。





b0351506_07545846.jpg

こんなです。。。
ここから数時間ホワイトアウトが続きました。




b0351506_22134299.jpg

この旅で初導入のモンベルULドームシェルター1型とオルトリーブのシートバックMが写っています。
これまで長年使っていたアライのエアライズ2と比較すると
重量、収納サイズ共に約半分になりシートバックMに収めることが出来ました。
シングルウォールゆえに結露には弱いのですがこの軽さは変えがたいものがあります。
1型ですが縦はエアライズ2と同じ210㎝で私の身長(169㎝)だと余裕です。
出来ればポールの収納がもう少し短ければと思いましたが贅沢かな?
2泊程度のある程度天気の予測できる週末キャンプならこれで充分だと思いました。






b0351506_22134606.jpg

午前7時を大きく回ってようやく日が差してきました。
という訳で朝食です。今回は小振りなコッヘルにしたので早茹でのパスタを半分に折って投入。
シエラカップをお皿代わりにしましたがもっと軽いお皿を携帯した方が省スペースで食事もし易いと感じました。




b0351506_22135064.jpg

のんびりと(だらだらと?)支度をして出発は9時半に。
この日は須崎までの予定。距離は60キロほどで上りより下りが多いルートなので余裕がありました。






b0351506_22135571.jpg

雲は多いもののこの日もすっきりとした晴れ模様。
1300mの姫鶴平から天狗高原へとゆるゆるとカルスト高原を上って行きます。




b0351506_22135824.jpg

草原の中草を食む牛たち。
ヨーロッパアルプスに例えられる四国カルスト。
はっきりこうとは言えないのですが彼の地とは何かが違う気がします。
背後の山並みなのか空気感なのか??それとも?
大自然、とうっかり書いてしまいそうになりますがこれは戦後の開拓民の方たちが造り上げた人工的な風景です。
これはヨーロッパアルプスも同じで人の手が入った牧草地を前景にみるアルプスの山並みに美を感じるように
開拓されたカルスト台地とその奥の四国山地が美しいもの何ら不思議ではありません。





b0351506_22140284.jpg


ガードレールがないのが良いですね。






b0351506_22140593.jpg


上り切って振り返るとまだ風車が見えていました。
なかなか先へ進めないなんてなんて贅沢な走りなんでしょうか。




b0351506_22140900.jpg


出来た時は賛否両論あったのだろうけど
2基の風車は赤屋根の作業小屋も含めてこの風景に溶け込んでいると思います。
これ以上増やしてほしくなないとは思うけど。





b0351506_22141361.jpg


この構図は日本的(四国的)なのかな。
牧草地の高原は山頂付近だけでそれより下は突然急峻な針葉樹林帯に変化している。
その対比が日本的な気がします。




b0351506_22141773.jpg




b0351506_22142108.jpg


四国の同じように山頂稜線を走る瓶ヶ森林道よりはるかに交通の便の悪い四国カルスト。
高知を離れてから一度も走る機会がなかったのですが20数年振りに今回走ることが出来て本当に良かったです。




b0351506_22142474.jpg


短いトンネルを抜けると天狗荘が見えてきました。
5キロに1時間。至福の高原サイクリングでした。


その6へつづく






トラックバックURL : https://akuniphoto.exblog.jp/tb/28684397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akunisad | 2018-09-25 22:46 | サイクリング四国/Shikoku | Trackback | Comments(0)